*

第26回ながおか映画祭の開催 2021年9月18日(土)~20日(月・祝)長岡リリックホール、9月23日(木・祝)のみオンライン

第26回ながおか映画祭を2021年9月18日(土)~20日(月・祝)に長岡リリックホールにて開催いたします。新型コロナ禍の中長岡リリックホールが保健所の指導に基づて作成したガイドラインに従って開催いたします。

第26回ながおか映画祭 (詳細時間は現在調整中です。)
2021年9月18日(土)~20日(月・祝) 長岡リリックホールシアター

第1日目 9月18日(土)
①  10:00~11:38 『僕の帰る場所』(2017年、日本・ミャンマー、98分)
②  12:10~12:38 『香港画』(2020年、日本、28分)
③  13:10~13:30 「ミャンマーについて」基調講演:羽賀友信氏
13:30~14:40 「ミャンマーで何が起こっているのか」北角裕樹氏報告会
映画『めぐる』(2020年、日本、30分、監督:テイン・ダン)
の上映含む
14:40~15:10  北角裕樹氏、羽賀友信氏 対談
④  15:40~17:28 『こどものそら』(2000年、日本、108分)
⑤  18:00~19:15 『セノーテ』(2019年、メキシコ・日本、75分)
19:15~19:35  小田香氏 Q&A

第2日目 9月19日(日)
①  10:00~11:15 『セノーテ』(2019年、メキシコ・日本、75分)
11:25~11:50  小田香氏 Q&A
②  12:20~12:30  留学生母国紹介
12:30~14:25 『タレンタイム~優しい歌』(2009年、マレーシア、115分)
③  14:50~16:00  齋藤正行氏講演会「生きろ」
④  16:20~17:30 『ドロステのはてで僕ら』(2020年、日本、70分)
17:40~18:10  山口淳太監督トーク
⑤  18:40~19:51 『追い風』
19:51~20:20  安楽涼監督トーク

第3日目 9月20日(月・祝)
①  10:00~11:38 『僕の帰る場所』(2017年、日本・ミャンマー、98分)
②  12:10~13:40 『新喜劇王』(2019年、香港・中国、90分)
③  14:00~14:28 『香港画』(2020年、日本、28分)
④  14:50~20:30  長岡インディーズムービーフェスVol.2※詳しいスケジュールは後日発表
『一杯のモヒンガー』上映と北角裕樹監督トーク(14:50~15:40)
第23回長岡インディーズムービーコンペティション 受賞作品等上映と授賞式
柴野太朗監督『内回りの二人』、他上映とトーク
梨本諦鳴監督『しきさい 完全版』上映とトーク
野上純嗣監督『すみつぐのつぐ 昭和九十六年』上映とトーク

2021年9月23日(木・祝)14時~16時 オンライン ZOOMにて対談 小林茂×佐藤睦
「小林茂監督に聞く ドキュメンタリー映画の半生
――『阿賀に生きる』から第1回監督作品『こどものそら』へ

小林茂(こばやし・しげる)ドキュメンタリー映画監督・撮影
1954年新潟県生まれ。『阿賀に生きる』(佐藤真監督)の撮影により日本映画撮影監督協会第1回JSC賞受賞。重度心身障害者の心象を描いた『わたしの季節』により、毎日映画コンクールドキュメンタリー映画賞、文化庁映画大賞など受賞。他に『こどものそら』『ちょっと青空』『チョコラ!』『風の波紋』などがある。現在、性虐待をテーマに『魂のきせき』を制作中。第17回「米百俵賞」受賞。和光大学教授。長岡市在住。

佐藤 睦 (さとう・あつし) 映画研究・評論
1971年生まれ。15歳頃から映画好きになり、20歳頃、映像制作会社にて助監督。2016年「特集上映 佐藤真の不在を見つめて」をきっかけに佐藤真監督や福田克彦監督(元・小川プロ)、小林茂監督の作品・人物研究を行うとともに、自ら、映画会を企画・主催している。映画『阿賀に生きる』を応援する「冥土連」千葉支部長。現在、『阿賀に生きる』仕掛け人の旗野秀人さんが2001〜2006年に撮りためた映像素材を編集中。

申込は下記までメールで「小林監督対談希望」としてお送り願います。 cc.nagaoka@gmail.com
申込期間2021年9月1日(水)~9月20日(水)ZOOM情報をお送りします。