*

第23回ながおか映画祭

映画を愛する市民がボランティアで取り組んできたながおか映画祭が今年で23回目を迎えました。
ながおか映画祭は、映画を通じて多文化共生・異文化理解を進めることを目的としています。
2018年は9月15日(土)~9月17日(月・祝)の3日間の開催です。

作品につきましては「多文化共生・異文化理解」を根底に考え作品選定を行いました。特に今年は長岡開府400年の年に当たり長岡の宝人として小林茂監督作品の上映、羽賀友信地球広場センター長の市民講座、後藤文雄氏の活動を記録したドキュメンタリー映画の上映を行います。さらに、稲川明雄先生による特別講演会「常在戦場と米百俵」(河井継之助記念館館長)を行います。『映画』も根本のテーマは「生きる」ことです。「常在戦場」も「生きる」こと。全国から来た映画ファンの皆様にこの機会に是非長岡の魂を伝えたいのです。長岡の魂が平和につながることをひとりでも多くの方に知っていただきたく存じます。

そして、『この空の花 長岡花火物語』を監督された大林宣彦監督の最新映画『花筐/HANAGATAMI』の上映と監督のトークを開催いたします。長岡の宝人として長岡の魂が平和につながることを世界に発信しつづけてくださっています。この機会に映画ファンからの感謝の気持ちを監督に伝えることができる時間となれば幸いです。

最後に多くの皆様からのご協力により本年も開催できますことをスタッフ一同感謝いたします。

上映作品

作品一覧とゲスト来場者

※ゲストその他、詳細は決まり次第順次お知らせします。

9月15日(土)
9:20 開場
9:30 開会式 映画『ストーンフェイス 侍がゆく 小国古道』上映
(12分 監督:ビューラ・ヨールグ)
ロマンダムールコンサート
10:00 不思議なクニの憲法2018
12:20 風の波紋 + 小林茂監督トーク(上映後40分)
15:10 草原に黄色い花を見つける + 留学生母国紹介(上映前)
17:30 新企画 夕べのひととき(インディーズムービー上映+ロマンダムールライブ)(70分)
※無料
19:00 カーキ色の記憶 + 羽賀友信市民講座(上映後40分)

9月16日(日)

 9:00 開場
 9:10 father カンボジアへ幸せを届けた ゴッちゃん神父の物語
11:10 無辜なる海-1982 水俣- + 香取直孝監督、小林茂対談(上映後30分)
13:30 稲川明雄 特別講演会 『常在戦場と米百俵』(90分)
(河井継之助記念館館長)
15:30 花筐/HANAGATAMI + 大林宣彦監督トーク(上映後50分)

9月17日(月・祝)

 8:50 開場
 9:00 葛根廟事件の証言 + 田上龍一監督トーク(上映後20分)
11:00 うつくしいひと + うつくしいひと サバ?
13:00 こども映画ワークショップ(60分)※無料+
第20回長岡インディーズムービーコンペティション授賞式&上映
(90分)※無料
15:50 BADDREAM + MXU監督トーク(上映後20分)
18:15 二十世紀少年読本 + 林海象監督トーク(上映後30分)

入場料

プレイガイド

会場

長岡リリックホール

〒940-2108 新潟県長岡市千秋3丁目1356番地6
TEL0258-29-7711(総務課) FAX0258-29-7722

交通アクセス

バス JR長岡駅大手口

8番線→中央循環バスで<内回り/近代美術館、外回り/ハイブ長岡>バス停下車、徒歩3分。
7番線→近代美術館行きバスで、終点下車、徒歩3分。
7番線→江陽団地行きバスで、造形大学前バス停下車、徒歩7分。
7番線→【日赤病院経由】江陽団地行きバスで、ハイブ長岡バス停下車、徒歩3分。
2番線→【日赤病院経由】出雲崎行きバスで、近代美術館バス停下車、徒歩3分。
越後交通株式会社 長岡地区 時刻表(平成28年4月1日改正)

車 関越・北陸自動車道

長岡インターチェンジ(関越・北陸自動車道)から車で約10分。

プログラム